植物の師管は茎の外側にあって作られた栄養分は上から下へと流れ茎を太く作るのに使われます。
元あったクロガネモチの名札がそのために隠されてしまったようです。