« September 2012 | Main | November 2012 »

2012.10.27

シラタマホシクサ

 シラタマホシクサは、東海丘陵要素植物の一種で金平糖草とも。いつも、隣の市まで見学に行っていたが、小さいが自宅の近くの公園に咲いていた。P1000203


P1000205


| | Comments (1387) | TrackBack (0)

久しぶりのサツマイモの花

  今年になって、サツマイモの花を初めて見たという内容に出会った。1つは『たのしい授業』もう1つは地元のML。一昨年までサツマイモづくりをしていたので毎年見ていたのだが、この2年さっぱりだった。
 久しぶりに散歩に出てこの時期にサツマイモの花に出会えた。P1000124


P1000128


| | Comments (356) | TrackBack (0)

2012.10.24

ヒガンバナの種子

  ヒガンバナには種子ができないと言われます。しかし、今花が咲き終わった後、胚珠が見られるところから成長するか否かは別として種子の元まではこうしてあるのです。種子になるのを待ちたいと思います。Imgp4131


Imgp4135


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.15

精子発見のソテツ

  小石川植物園第3弾。日本の自然科学(植物学)の黎明期。ソテツで精子を発見した(1896年)池野成一郎が研究したソテツの分枝?あとは、これも日本人研究者により見つけられたイチョウですね。乞うご期待。後で知ったことだが、横浜の木原研究所の後施設にも、ニュートンリンゴとメンデルブドウが見られるとのこと。Imgp3684


Imgp3685


| | Comments (0) | TrackBack (0)

メンデルのブドウ

Imgp3658_2


Imgp3659


  PCでどうても作成できなくて遅れました。ニュートンのリンゴの木をアップして、そのまま続けられませんでした。メンデルのブドウの木は、本家本元がなくなり、逆に日本の息子(娘)が役立ち復元されたそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.14

ニュートンのリンゴの木

 念願のニュートンのリンゴの木を小石川植物園で見てきた。残念ながら、今は季節ではないので花や果実は見られない。また、よい条件で撮影にこようと思う。もちろん、リンゴが落ちるのを見たから万有引力を発見というのではないのはありますが。地上の世界と天上の世界が同じ法則性に貫かれている点に注目ということで大切なことです。それよりも、植物は分枝等で同じリンゴの木ということです。Imgp3656


Imgp3657


| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »