« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.28

月の満ち欠け

  このシリーズもかなり続いてそろそろネタ切れの感が。あとは月齢の違いなど量的な変化位しかできないか?と思いつつ。まてよ、それならこれまで一度も撮影していないー実はできないー場面の撮影に挑戦することに。月が真上を向いている状態でタンク等の欠け具合と比較(実はそれは太陽が地平線下でタンクには光が当たらない)しました。なお、1枚目の画像は地平線近くがわずかに明るいことに注目を。2枚目は地球照が見られるとよいのですが。それと、アパートの部屋に電燈がついているため太陽が沈んで暗くなっているのがわかります。
Imgp4005


Imgp3999


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012.01.19

月の満ち欠け

  今回は、朝の月。月齢24.4。タンクに太陽を映しこんだのはよかったものの、残念ながらタンクは月のように欠けていませんでした。お粗末でした。Imgp3728


| | Comments (3238) | TrackBack (0)

メタセコイアの種子

  足元を見つめてみれば。マツに続いて今回はメタセコイア。生きた化石です。Imgp3801


Imgp3803


| | Comments (6586) | TrackBack (0)

2012.01.17

月の満ち欠け

  今日の月齢は、23.4昨日が下弦の月(天気が悪く撮影不可)。勤務先の近くで低い位置のタンクを見つけたため。寄っていたため出勤時間ぎりぎり。この時間のこの月齢の写真は初めて。なかなかこの位置だと、高いタンクでは写しこむことが難しかったためもある。Imgp3700


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.16

月の満ち欠け

  同じ日の朝、低い位置の太陽が何とか一緒に撮影できる場所を見つけて撮影しました。Imgp3660


| | Comments (0) | TrackBack (0)

月の満ち欠け

  月の満ち欠けの街路灯バージョンです。街路灯の多くの光点をどう解釈するか未だ悩んでいます。
一番大きな2つの光点は太陽で最初に当たった点とその光線が向こう側のガラスに届いた太陽からの点です。
少なくともその角度が月の満ち欠けを作る角度を示しているのがわかります。さて、他の光点は何なんだろう?どなたかコメントいただけませんか?お願いします。Imgp3662_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.13

月の満ち欠け

  カメラのせいだけではないかもしれないが、月の近くに見える飛行機が太陽の光を反射しているのがよくわかるような撮影をしたかったのだが。いつもチャンスを逃し撮影できなかったものだけに今後への第1歩としたい。Imgp3654

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.06

マツの種子

  とある家の玄関のマツを見ていて、足元を探すとありました。栄養たっぷりの弁当つきのマツの種。掃除のし残しの中に混じっていました。そして、別の家の松の下には・・・きれいに掃除されていて見つけられませんでした。除染しきればその場に残らず、除染しきれなければ残る場合もある。当たり前ですが。さらにあれども見えず というか 見ようとしなかったため見つけられず ということでしょうか。
Imgp3218_3


Imgp3217_3


Imgp3215_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.05

月の満ち欠け

  月の満ち欠け。小さい版です。名前をまだ調べていません。どなたか教えてくださればうれしいです。
Imgp3187_3


Imgp3193_2

| | Comments (27) | TrackBack (0)

明けましておめでとうございます

  月の満ち欠けをお祝いバージョンにしてみました。かなり小さな果実で挑戦してみました。果実の満ち欠けがよくわからない方は写真にカーソルを合わせてクリックすることをお勧めします。Imgp3173


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »