« August 2010 | Main | October 2010 »

2010.09.12

| | Comments (0) | TrackBack (0)

摩擦力のすごさ。その裏表

  摩擦があるから、なかなか大変。摩擦力だけなら何とかなるという2つの面があります。
昨日、ニュースで羽田空港で大きな旅客機を子どもとお母さんだけで引っ張っても動かなかったけれどお父さん達が加わったて綱で引いたら動き出したというニュースを流していました。偶然ですが、当日愛知県のセントレアで同じような場面を見ました。大きな旅客機(ただし、この場合他のものにくらべてずいぶん大木さで見劣りしましたが)を小さな車が棒を経由して押していました。あきらかに飛行機の方はジェットも噴射せず動力を使っていません。飛行機の重さ(質量)に比べて摩擦力はずいぶん小さくて構いません。それでも大きいのですが、外から小さな力を少しずつ加えていくと慣性で移動し始めます。P1210634
P1210635_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昆虫の脚は6本?

P1210631


  以前、このブログでもタテハチョウの脚が4本に見えることを撮影したものを載せました。
今回は、セセリチョウ?の登場です。ガラスに止まっていたので腹側から撮影できました。それども真ん中の2本脚を縮めて見えにくくなっているのをうまく撮影できずにいます。残念。P1210632


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.11

ただいま表記移行中

P1210595_2


 以前、ガソリンスタンドの表示のリットル表示が筆記体のlと活字体の大文字Lが混在していることを書いた。
今日は道路上で見かけた車の同じもの。少し数字が見えにくいのでアルバムの方にも大きめの画像を入れておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.04

月の満ち欠け(逆三日月)

  このタイプの月は初めての撮影かも?太陽がほぼ南中していて月は東の空に高度約30°。太陽との差70°位か。すぐ近くにはガスタンクを入れて撮影できそうになかったため、バレーボールと卓球のピン球で撮影したものの、どうしても撮影できない。そこで、歩道橋の途中にピン球を固定して少し離れた位置から撮影してみることにした。少し月がぼんやりしているものの何とか撮影完了。困ったときこそ、少しの工夫。「必要は発明の母」ということか。三日月と言えば、観念的に真横を向いた月を思い浮かべる人が多いが、このシリーズを見てくださる方には承知のことですが、太陽のある側が明るいため、月は斜め右下を向いた形で空に浮いている。この角度を測れば、太陽が何°方向にあるのか数値で表すことも可能になります。
Photo


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »