« April 2008 | Main | June 2008 »

2008.05.24

テントウムシの幼虫

最近テントウムシの幼虫をみる機会が多いです。机の上においておくといつの間にか成虫に変化しています。瞬間を目撃してみたいです。
P1140381

| | Comments (21) | TrackBack (0)

カラスノエンドウ

 カラスノエンドウの果実が熟すと黒くなります。1枚目はその途中の姿で半分黒くなっているものです。
2枚目は種子が詰まっている様子。ところが、きれいにはがすと一つおきに左右にきれいに分かれています。何度か見てみましたが、どれもそうでしたので、必ずそうなっているのだと思っているのすが、いかがでしょうか?実際は、ねじれて開かれてその時にさまざまな方向に飛ばせるようにできているのでしょうか?P1140414
P1140402
P1140403

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スミレの胚珠と種子

 スミレの種子がきちんと詰まっているのが見られました。この数時間後に再度確認したところもうありませんでした。あと1枚はつぼみを分解して胚珠を見たものです。こうして詰まっているものがどのようにうまく種子のつまり方に変わっていくのでしょうか?P1140465
P1140469

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムクドリの食事

 以前、撮影できずに悔しかったムクドリのえさ捕り風景を思わぬ機会に撮影できました。
畑を耕していたときに、ムクドリが耕された土からミミズを捕っているのがあちこちでみられました。P1140443

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.15

月の満ち欠け

 シリーズの月の満ち欠けでは、これまで水のタンクや電球などさまざまなものと比較してきた。
さて、今回やっと、飛行機との比較です。ただし、飛行機は、同じ球形ではありません。しかし、光の当たる場所と当たらない場所が、実際の月と変わらない。ここに貼り付けられた写真ではよくわからないので、アルバムに元の写真をはりつけておきます。ごらんください。
P1140240

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.06

在来、外来タンポポの違い

 タンポポの花のスケッチをさせようとしたが、天気が悪くすべてつぼみのままであせった。だめもとでということで、セイヨウタンポポとニホンタンポポを切って蛍光灯の近くにいけておいた。ひょっとして、光を葉で受けて反応するのかもとも思ったのだが、見事咲いてくれた。ただし、セイヨウの方だけだった。光への反応性はセイヨウタンポポの方が敏感なのだろうか。もっと確認したいものだ。P1120717

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.05

野鳥の大きさ比較(36)

 今回は、キジとキジバトの大きさ比較です。P1130442

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »